子供に、絵本を読み聞かせさせるのは、いいことであるとよく耳にすることがありますよね。
でも、1日に何冊読んであげるのが、効果的であるのか疑問に感じることがあります。
読み聞かせについて、正しい知識を得たいですよね。

そこで、今回は、絵本は子供に1日何冊読み聞かせるできかについて紹介します。

絵本は子供に1日何冊読み聞かせるべき?

子供は絵本が大好きで、よく「読んで!」と親のところに持ってきますよね。
絵本を読むことで、親子のコミュニケーションを取ることができるので、とてもいいことです。
でも、何冊も続けて読んでと言われることが、ありますよね。

そんなとき、子供に適切な1日の読み聞かせに適切な絵本は、何冊か知りたいですよね。
それは、何冊でも大丈夫です。
子供が納得するまで、絵本を読んであげていいのです。

絵本は心の食事とも言われるほど、心を満たしてくれます。
その為、絵本は何冊でも読んであげて、子供とのスキンシップを取ってあげてくださいね。

でも、お母さんも家事などで、やらないといけなくて、絵本を読むことにストレスを感じてしまうことがあると思います。
それでは、逆効果であるので、お母さんも気持ちに余裕を持って、絵本を読んであげてくださいね。

その為には、子供と1日絵本は何冊読むのか、決めるのもいいですよ。
寝る前に1冊読むや、お風呂上りに1冊読むなど、習慣にする方が子供の成長に大きく影響してきます。
その時間が、子供も楽しい時間であり、親子で楽しむことができます。

絵本の読み聞かせによる効果

絵本を読みきかせすることで、子供の成長に効果が現れるのは、確かです。
絵本を毎日何冊か読み聞かせることで、良い影響があります。

それは、こどもの想像力を豊かにしてくれます。
また、言葉に対する興味が湧き、早い時期から言葉の発達が成長します。

絵本を読んでもらう事で、感情をしっかり理解することができ、子供の感情が豊かになります。
また、しっかりと、人の話を聞くことが出来るようになってきます。

絵本を1日に何冊か読む習慣をつけることで、成長に大きな効果を与えてくれます。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!