子供の、通信教材は、多くありますよね。
でも、実際それぞれの教材の特徴が分からなくて、どれを選んだらいいのか悩みます。
そこで今回は、Z会とこどもちゃれんじの比較について、紹介をします。

Z会の特徴

Z会は、子供の通信教材で、有名な教材の1つです。
対象年齢は、3歳〜6歳です。
Z会は、こどもちゃれんじのように有名なキャラクターもなく、DVDやおもちゃなどもありません。

Z会の1番の特徴は、「あと伸び力」に力を入れているところです。
今後、子供の伸びていく力を養っていく、教材です。

教材には、「かんがえるちからワーク」があり、とても解きやすい問題になっています。
子供がしっかりと、考えながら、問題を解くことができます。

Z会の魅力とも言われているのが、「ぺあぜっと」です。
親子との時間を、大切にしてくれる、教材です。
親子で学ぶことが出来る、魅力的なのが、Z会のおすすめです。

こどもちゃれんじの特徴

こどもちゃれんじは、しまじろうというキャラクターと一緒に学んでいく、通信教材です。
対象年齢は、0歳〜6歳です。
こどもちゃれんじの1番の特徴は、各教材の連動教材での、学習です。

付録として、教材とDVDとおもちゃがあります。
こどもちゃれんじは、遊びの要素が、大きいです。
DVDやおもちゃを使いながら、学ぶことが出来ます。

それらの教材や付録を使用しながら、楽しく学ぶことが出来るのは、こどもちゃれんじの特徴です。
また、しまじろうのキャラクターと一緒に学ぶことが出来るので、子供も、馴染みやすくなっています。

後伸び力ならZ会、しまじろう好きならこどもちゃれんじ

Z会の教材は、学びながらも、後からの伸びる力に力をいれています。
また、親子で楽しみながら、学ぶことが出来ます。

こどもちゃれんじは、有名なキャラクターと一緒に、学ぶことができます。
また、冊子とDVDとおもちゃを使用して、連動して学ぶことができます。

Z会とこどもちゃれんじそれぞれの特徴があります。
子供の特徴などを考えて、合ったいる通信教材を選べばいいと思います。

また、Z会とこどもちゃれんじは、無料でお試し教材があるので、試してみるのもいいと思います。
子供が楽しんで、学べる教材を選んであげることで、子供も楽しく学ぶことが出来ます。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!